朝立ちしない原因は年齢のせい?40代でも現役でいるための7つの方法

40代に差し掛かってきても、まだ朝立ちしていますか?

40代という年齢は精力や活力が衰えはじめる年齢で、その変化は朝立ちがしなくなるという形で現れます。

朝立ちの回数が減ってくると、このままEDになってしまうんじゃないかと不安になってしまいますよね。

しかし、ご安心ください。男性は体のケアを大切にすれば生涯現役でいることができます。

今回は、死ぬまで若々しい下半身を維持するために、40代にありがちな朝立ちしなくなる原因と、生涯朝立ちする元気な体を維持するための秘訣をご紹介します。

朝立ちしないことは病気のサイン?意外な危険性とは

正直な話、本人からすると朝立ちはしてもしなくてもそれほど困った話ではないですよね。

朝立ちによって眠っている間に勃起していても、誰かに見られて恥ずかしい思いをするデメリットくらいしかないように思えます。

しかし、実際は朝立ちの有無は非常に重要です。

男性の体で1番細い動脈はペニスにあり、動脈硬化などの病気を発症した際には最初にペニスに変化が表れます。

そして、動脈硬化の疑いが出た時に判断材料となるのが朝立ちの有無です。

動脈硬化は生活習慣病によっても引き起こされる病気で、40代は生活習慣病のリスクが高まる年齢です。

40代で朝立ちしなくなったときには病気の可能性があるので、いち早く原因を解明し、対策を取るようにしましょう。

40代にありがちな朝立ちしなくなる原因

40代は加齢によってホルモンや睡眠、筋力の低下など体の衰えがいろんな場所で現れ始めます。

また、それらの変化によって病気の発症も増え、それが朝立ちしない原因となっていることも多いです。

加齢による男性ホルモンの減少

40代になると男性ホルモンの分泌量が低下します。

男性ホルモンの分泌量が低下すると、勃起力に関わっている男性ホルモンの「テストステロン」の量が減るため、朝立ちしにくくい体になってしまいます。

このまま男性ホルモンの分泌量が衰えていくと、性機能が十分に機能しなくなりEDとなる可能性もあります。

また、男性ホルモンの分泌量が低下していくと、男らしい体つきでなくなっていきます。

つまり、ガリガリたぽっちゃりなど男らしい体形でない方は、男性ホルモンの分泌が低下している可能性があります。

男性ホルモンの分泌量年齢だけでなく、運動や睡眠にも左右されるのでご自身の生活を振り返って街頭していないか確認してみましょう。

睡眠不足や睡眠の質の変化

40代になってくると、睡眠時無呼吸症候群になったり、睡眠の質が変化して上手く寝付けないという方が増えてきます。

しかし、朝立ちは睡眠中に起こるものですから、睡眠の量や質には大きく影響されます。

睡眠時無呼吸症候群は睡眠の質を大きく低下させる原因になります。

また、仕事が忙しくて眠れない日もあるかと思いますが、無理して睡眠を削ることは朝立ちしない原因になります。徹夜なんてもってのほかです。

睡眠不足になると、脳からコルチゾールという物質が分泌されます。このコルチゾールは血管を収縮させる作用があるので、ペニスに血流が流れ込まず朝立ちしない原因となります。

また、先ほどご紹介した男性ホルモンのテストステロンは、睡眠中に多く分泌されるので、睡眠を減らすことは男性機能の低下に直結します。

食生活の乱れ

食べすぎや偏食などといった食生活の乱れが積み重なっていくと、朝立ちしない原因となることがあります。

特に、脂っこいものばかり食べたり、インスタントラーメンばかり食べるような生活をしていると、男性ホルモンの分泌を低下させてしまい、朝立ちしない原因となります。

脂っこいものの食べすぎは血液をドロドロにさせ、朝立ちに必要な血液がペニスに流れ込まない原因につながります。

また、食生活の乱れは生活習慣病にも直結します。生活習慣病はEDの併発率が非常に高い病気です。

毎食主菜、副菜、などバランスの良い食事をすることは難しいですが、最低限栄養の偏りすぎや脂っこいものの食べすぎはしないようにしましょう。

運動不足や筋力の低下

40代になると体力が衰えてくるので、できるだけ運動しなくてもいいように楽な生活を送りたくなりますよね。

階段が目の前にあってもエレベーターを使ったり、向かいのコンビニに行くのにも車を使ってしまったり。

更には仕事が忙しくて運動している暇のない人もいるでしょう。

こういった日々の積み重ねが運動不足を引き起こし、筋力の低下につながります。

筋力が低下すると、男性ホルモンの分泌量が低下します。

男性ホルモンの分泌量が低下すると男性機能が低下し朝立ちしない原因となります。

男性ホルモンは男性機能を維持するために必須なので、生涯現役でいるためには筋肉を刺激して男性ホルモンの分泌量を促しましょう。

仕事によるストレス

朝立ちしない原因は食事や運動ばかりではありません。

仕事や家族関係などによる精神的なストレスでさえ、男性機能の低下を引き起こします。

脳がストレスを感じると血管を収縮させることが分かっています。

さらに、ストレスを感じているとぐっすり眠ることができないので睡眠の質の低下にもつながります。

ストレスくらいで朝立ちしないなんてと思うかも知れませんが、パートナーに傷つけられたショックや仕事のストレスが原因でEDになる男性もいるほどですから、その影響は過小評価できません。

仕事や家族関係などで悩みを持っているのなら、それを解決することが若々しい朝立ちを取り戻す手掛かりとなるかもしれません。

喫煙や過度のアルコール

喫煙やアルコールにも朝立ちしにくくさせる要因が潜んでいます。

喫煙は血管を収縮させるさようがあるので、朝立ちに必要な血液をペニスに送れない原因となります。

しかも、タバコは生活習慣病やさまざまな病気の原因であり、それらはEDを併発させるリスクがあります。

また、アルコールの摂取は適量でなければ神経伝達に影響を与えたり、男性ホルモンの分泌量が低下することが分かっています。これらは朝立ちしにくくなる原因ですので、お酒はほどほどにしておきましょう。

生活習慣病による血流の悪化

糖尿病やメタボリックシンドロームなどの生活習慣病は、EDの併発率が非常に高い病気です。

糖尿病になると動脈硬化が進行し、ペニスに血流を上手く流せなくなってEDになります。

メタボリックシンドロームになると血液がドロドロになるので、血流が悪化し朝立ちしにくくなります。

このように生活習慣病は朝立ちしない原因を多くはらんでいるため、普段の生活から気を付けていないと朝立ちしないどころかEDになる危険性が高まります。

 

40代でも現役でいるための朝立ち改善法

このように40代以降は朝立ちしにくくなる原因を多くはらんだ年齢ですが、どのような対策をすれば生涯現役で、いつまでも朝立ちする体を手に入れられるのでしょうか。

適度な運動

適度な運動や筋トレなどをすることは、血流を改善させるだけでなく男性ホルモンの分泌量をふやしてくれる効果があります。

また、運動不足を解消することは生活習慣病の予防にもつながるだけでなく、ストレス発散効果もあるので、朝立ちしなくなるリスクをあらゆる面から回避できます。

運動と言っても、疲れてヘロヘロになるまでする必要はありません。

10分~20分程度のランニングや、家の中でできる筋トレなど、簡単なものでもやるかやらないかでは大きな違いが産まれます。

また、40代は筋力が衰えやすくなってくる年齢なので、50代、60代や老後にも元気に暮らすことができる投資になります。

PC筋トレーニングなどのチントレ

ペニスの根元にはPC筋と呼ばれる筋肉があります。

勃起力御低下はこのPC筋の衰えと深い関わりがあるので、PC筋を鍛えることは朝立ちを取り戻すのに役立ちます。

PC筋のトレーニングは立った姿勢でも座った姿勢でも簡単にできるので、移動中や仕事中の空き時間などいつでも実践できます。

PC筋トレーニングのやり方については、こちらの記事で解説しています。

1日30分で彼女も大満足!勃起力をアップさせるPC筋トレーニングを解説>>>

バランスの良い食事をとる

会社の購買で買う昼食は、毎日同じものばかり選んでいませんか?

バランスの良い食事をとることは、生活習慣病の予防につながります。

また、脂っこい食事や添加物の多いカップラーメンなどの食事を減らすことは結構の改善につながり、ペニスに血流を流し込みやすくなります。

定期的なストレス解消

ストレスをためることは男性機能の低下を引き起こします。

ストレスがたまった状態だと、質の良い睡眠をとれなくなったり、血管が収縮してペニスに血流を流せません。

人によってストレス解消する方法はさまざまですが、運動が好きな方はぜひスポーツでストレス解消をしてください。

スポーツはストレス解消だけでなく血流の改善や男性ホルモンの分泌量を増やしたり、朝立ちしない原因を幅広くカバーできます。

睡眠の改善

40代だと睡眠時無呼吸症候群の方や、仕事のせいで眠れない日も多くなります。

しかし、いくら仕事が忙しくても眠らないのは朝立ち以前に健康に害です。

どうしても時間がないのなら、夜は寝て朝早起きする方がまだ健康的な睡眠を維持できます。

特に、睡眠時無呼吸症候群は睡眠の質が低下して勃起しにくくなるだけではなく、志望のリスクもある危険な病気です。

自分で気づくのは難しい病気ですが、もし家族が気づいてくれたなら早めに病院で見てもらいましょう。

喫煙やアルコールを控える

喫煙は血管を収縮させるだけでなく生活習慣病をはじめとしたさまざまな病気の原因になります。

これらの病気にはEDを併発するものも多く、喫煙だけでも朝立ちしない原因になります。

また、アルコールは適量なら血管を拡張させたりストレスを発散させる効果がありますが、飲みすぎると神経系に悪影響を及ぼしたり、男性ホルモンの分泌量を低下させる原因となります。

喫煙はやめて、アルコールは適量を守りましょう。

精力剤を使って男性機能にアプローチ

朝立ちしなくなることにはさまざまな要因が絡み合っているため、運動をしたから、食事を改善したからと言って解決するとは限りません。

そこで、僕は精力剤を使うことをおすすめします。

精力剤を使うことは朝立ちを復活させるだけでなく、男性機能の向上にも役立ちます。

例えば、多くの精力剤に含まれるアルギニンという成分は、血管を拡張させるのに必要な一酸化窒素の生成を助ける効果があります。

アルギニンを摂取して血液中の一酸化窒素を増やせば、朝立ちしやすい体を作ることができます。

中でもおすすめの精力剤は「クラチャイダムゴールド」です。

クラチャイダムゴールドは、このアルギニンの含有量が多いだけでなく、スポーツや筋トレの効率化に最適なBCAAなどの成分も豊富です。

↓クラチャイダムゴールドについて詳しく知りたい方はこちら↓



また、他の精力剤を知りたいという方は、こちらの精力剤比較ランキングを参考にしてください。

 

【まとめ】40代で朝立ちが無くなったら要注意

男性更年期にさしかかる40代は朝立ちしにくくなる年齢の1つです。

しかし、だからと言って朝立ちしなくなることは仕方のないことではありません。

むしろ、40代で朝立ちが無くなることは他の病気になっているサインであることも多いです。

症状が軽いうちは素早い対応で改善することができます。

朝立ちの改善には適度な運動や睡眠の改善が大切ですが、精力剤を合わせて使えばより早く効果を実感できます。

40代になって朝立ちが弱くなってきたと感じたら、早めに対策を取るようにしましょう。

 

ネットの情報って信用できないですよね

ネットでも「精力をアップさせる〇個の方法」みたいなのよくありますよね。例えば

・栄養を取る
精力が付くとされる食品(うなぎとかすっぽんとか)を食べることで、精力を高めるのに必要な栄養を取る。

・禁欲する
自慰行為の回数を減らすことで、精力を高めることができます。

みたいな。

僕もいろいろこの手の方法は試したんですけれど、「これで本当に効果が出た人はいるの?」というのが正直な感想で、続けても精力が付いた感じしないし…。

最近では精力低下の治療をしてくれる病院もあるってことで、行ってみようかとも思ったんですけれど、お医者さんにこんな相談をするのも恥ずかしくて。それに、料金も高いみたいですし。

でも、やっぱり諦めきれなくて、また高校生の頃みたいな精力が欲しくて、結局気付いたらネットで情報を集めていたんですよね。

そんな時に出会ったのが、この「クラチャイダムゴールド」でした。

勃起力アップトレーニングの勃起力アップトレーニングのお供にぴったりな「クラチャイダムゴールド」

正直、怪しいとは思ったんですけども、「今なら<半額>で購入できて、効果がなかったら<全額返金>!」っていう誘惑に負けてつい買っちゃいました。

そしたら、びっくり。

3年間悩まされた萎えチンがたったの3ヶ月で気にならなくなったんです!

もしあなたが「精力が落ちてきたなー」って感じているのなら、ぜひ試してみてください。

効果が出なかったら全額返金してもらえばいいだけなので。

>>クラチャイダムゴールド公式サイトはこちら

半額で購入する方法はコチラで公開中!>>>